監理

事務所の引越しや現在担当している現場監理も検査が終了して落ち着きつつありましたが、

新たな現場が始まりました!

IMG_0091

某庁舎の設備設計監理を担当しています。

約1年の設計が終わり、今月から現場が着工しました。

私が担当している設備はまだ着工していませんが、もうちょっとで始まります。

この建物は大地震が起きても構造体の損傷を軽微に留めれるように「免震構造」が採用されてます。

設備については、建物自体が大丈夫でも配管や機器が壊れてはいけないので、「免震配管」を取り入れて

建物内の配管や機器に被害が及ばないように設計してます。

あと、省エネシステムはもちろん、災害時でも対応出来る設備システムを取り入れてますので

完成してちゃんと機能が出来るようにしっかり監理をしていきたいと思います!

03.南側外観(詳細)

病院の設計・監理を担当しています。

02.南東側外観(夜景)

03.北東側外観

新築、既存改修で2年間の監理でしたが、この度今月末で竣工となります。

新築棟、既存棟とも高効率熱源機の採用による消費エネルギーの低減、

蒸気加湿や災害時にも対応可能なボイラーを採用しています。

DSCN7981

DSCN7990

DSCN7983

DSCN7894

 

 

 

CIMG5404

小学校増築の設備設計・監理を担当しています。

約1年間の設計が終了し、現場が始まりました。

今は既存建物の解体がほぼ終わり、これから本格的に工事が始まります。

今回の建物はアースチューブと呼ばれる地中に埋めたチューブに通すことで、

地中熱と熱交換が行われ、夏は冷却(クールチューブ)、冬は加熱(ヒートチューブ)することができるという

自然エネルギー活用を採用しています。

また、随時アップしていきたいと思います。